2018 A/W 東京展 展示会告知

展示会告知になります。

いきなりですが明日8月8日、9日 12〜21時で二日間東京にて展示会を開催いたします。

場所は東京都目黒区青葉台1−15−2 AK-3ビル1F SPACE Dにて行います。

このブログでも過去色々と書きましたがそんなアパレル原理主義者が本気で作った服を是非見ていただきたい。

現代版の日本人用戦闘服と銘を打った今回メインの服を是非肉眼で見て頂きたいです。

ブランド名は伏せておきます。

服を見に来て下さい。

今回招待制等ではございませんので服が好きと言う方どなたでもご来場可能です。

『フイナムの見て』と言って下さればスムーズです。

東京の出版社やその他メディア、お店様等は呼んでおらず東京の服好き達に声をかけてありますので貴方の知ってるあの人もいるかもしれません

そこで広がる新たな出会いと繋がりも楽しみにしております。

またお酒も飲める様にしておりますので飲みながらでも一着一着試着するなり

ゆっくりと服を堪能くださいませ。

現代の日本人が日本の素材を使い日本の職人の技術で作った本物のMADE IN JAPANの”服”をご覧くださいませ。

お待ちしております。

 

人は見た目が10割(アパレル原理主義者からの視点)

しばらくですね。

2018A/W展示会等々をやっており空いてしまいました(これからまだ東京展、大阪展を準備してます)

今回はこのタイトル

ちょっと前本で『人は見た目が9割』なんてのがありましたが

アパレル原理主義者の私は『いや、10割じゃね?』なんて思っていたのを思い出しました

服に人生を持っていかれてから随分と時間が経ちました(20年〜以上経つか)

その間ずっと服を、アパレル業界を見て追ってきた身から言わせて頂くと

人は見た目が10割(服で見ると)です。

その人が着てる服でその人がある程度分かります

服からはね、逃げれないんですよ

どんなアナーキーもホームレスも反逆者も世捨て人も闇の世界のフィクサー

全員服を着ています(裸でうろつくと逮捕されますしね)

と言う事は皆同じ土俵の上に生きているのです

その上で個人個人の趣味嗜好ですから

服好きな人や興味ない人分からない人やどうでもいい人色々いると思います

まぁその辺も服見れば一発なんで個々自由でいいと思います

昔誰かが言った『服は第二の皮膚』とはよく言ったもので

私も全く同じ考え方です

第二の皮膚なんですよ

つまり着てる服はその人自身だと認識しています

何よりも近くで何よりも長い時間を共にする服

そこには各個人の嗜好、世界観、価値観、環境、経済状況等様々な物が反映されています

それが見える、服から伝わってくる

『そんなん勝手に言ってるだけやろ?服とか何も考えず着てたわ』

なんて言う人もいるでしょう、それも服から見て取れるんですよ

今日貴方が着ている服が貴方そのものを表しているんです

言い訳は出来ない

服着てるから

どこかで良しとしてるからその服を着てるんですよ

例え人に『これ着とけ』と言われても着るのは貴方なんです

本当に嫌な服は人は着ない

どこかしらで自分の様々な感覚や状況と折り合いを付けて今その服を着てる

その服から見えるものの情報量がその人を表現しているんです

ただ面白いのがセンスの良い人は服をあんまり知らなくても良いのを選んでる

『服よく分からんねんな、まぁ何かええの見つけた時買ってんねん』

ぐらいの感じで鋭いのを選んでいるんです

反対に鈍い人はどんだけ金積んでヤバいの買ったとか思っててもダサいのを選んでる

このブログで初期から何度も言うように個々の趣味嗜好なんで実際何着てても自由やし

個人個人の勝手なんですけど

イケてるのはイケてるしダサいのはダサい

これは変わらない

まぁ服だけでは無く髪型、アクセサリー、カバン、靴とか全体での調和の話でもあるので一概に服だけって事もないんですけどね

でも意外と人って人が服をどう扱いどう着てるかでどのような人か判断する場面っていうのが多くて

大なり小なり貴方も他人の格好からその人をイメージしてるんですよ

(思い当たる節ありません?)

服は第二の皮膚ですよ

自分の一番外側の自分

それを選んで着てるのも自分です

自分には良いものを着せてあげてください。

 

 

 

 

 

オモチャと真剣(比喩服話)

もう真剣はあんまり必要じゃないらしい

市場が求めるのはオモチャみたいなもん

手入れや管理の必要な鍛え抜かれて切れ味抜群の真剣はもう誰も求めてないらしい

興味の無い人からすれば扱いに困るんだろう

真剣って謳っててもよく見りゃ模擬刀

または木刀、それか竹刀

まったくもってのオモチャか何か

服は今日本刀ぐらいニッチな状況かもな(好きな人も手にする人も)

刀鍛冶みたいな気分だよ

真剣がほとんど無い

あるには有る

ポイものの中にも真剣は混じってる

ただ同じラックに模擬刀もぶら下がってる

木刀も竹刀もオモチャも

真剣と同じ並び

(服に)真剣なら本物だけ並べなければお客に失礼だよ

ましてやプロみたいな顔でそこで生きてるなら尚更

お客さんは分からない

有る程度はプロに委ねてる、信用してる部分がある

なら紹介、提供する側は真剣にならなければいけない

真剣じゃなきゃ本来役に立たないのに

真剣にやらなきゃ物作りなんかやる意味無いのに

模擬刀

巧妙で綺麗な模擬刀

真剣とぶつかれば叩き折れるようなヤワな模擬刀ばっか

楽ぶって持つ木刀

一周回って自分でたどり着いた気で握る竹刀

実質はジャンルすら違う

オモチャと真剣

一本作るのに何日もかかる真剣

重く、危なく、手入れが必要で管理しなきゃいけない

その上扱いは難しく、切る機会も無い現代には必要無いのか?

こだわりの無い奴らにこだわりは染み込まない

ガチャッガチャッと次々量産されているオモチャみたいなのが良いのかも

オモチャをオモチャみたいな値段で買って飽きたらまたすぐに手放す

本当にオモチャならまだ良いよ

だがよそのオモチャを真剣って言って見せられてねーか?

切れないくせに磨ききった模擬刀と真剣はまったく違う別物

戦があれば真剣が売れるだろう

模擬刀、木刀、竹刀を選ぶ奴は居ないだろ?

戦がもうないんだろう

(感覚を自分との戦と捉えれば使える武器は気を抜かない方がいいはずだけども)

オモチャでいいんだろうな、真剣は高いからな

買い直せる折れても良いような木刀で十分なんだろう

軽くて丈夫な竹刀で快適なんだろう

職人が魂と神経と経験と五感と身体使って作った渾身の真剣なんか誰も求めてない

そんな切れ味鋭いものは現代にはもう必要とされてない

でもさ

真剣、木刀、竹刀、模擬刀、オモチャ

真剣が一番かっこよくない?(単純にね)

真剣腰にぶら下げてる人みたら『おおっ!』ってなるあの感覚(見かける機会は無いけども)

今で言うとタメの奴がROLEX買って付けてきた時みたいなあの感覚

やっぱり心のどこかが反応する本物の持つリアリティ

服は真剣じゃなくていいかな?

分からん人は騙せても分かる人からしたら相当ださいよ

全然違うから

それこそオモチャと真剣ぐらい

あなたの服は真剣、木刀、竹刀、模擬刀、オモチャどれが一番多いでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダサいクツ

遅い話題

ダサいクツが流行ってるみたいですね

お父さんの靴?

流行ってんのか?

流行らされてんのか

まんまと

ちょっと待ってくださいよ

騙されないでください! 

入門編の方々

囓りかけの将来のある若者達

危ないですよ!

それダサいですよ!

ダサいのが逆に良いみたいな嘘に持ってかれないでください!

ダサいです

ダサいクツ履いてる奴はダサいですよ

特に2~3年前まで見向きもしてなかったくせに流行りだしたら履きだすタイプ

危ない!

服屋の店員ならね

店に入荷したダサいのも履いて人に勧めないといけない職業ですから仕方ない部分もあると思います

でもダサいもんはダサい

黒色は黒いぐらい普遍的で絶対的な価値観

ダサいクツ

あれは服も見まくり知りまくりクツも何でも履いてきた様な奴がよく見かけるクツに飽きて『もうこれとかもかっこいいんじゃね?』ぐらいの軽い感じでギャグで始めた事

またはダサいと言われてきたクツの中にもたまにかっこいいのがあってそれをピックして履いてみたら新鮮でおもろかったぐらいのノリ

お父さんのクツだ?

なら店でわざわざ買わなくても実家に帰ってお父さんの下駄箱からいらねーの貰って履いとけ

それが一番早いんじゃねーの?

ダサいクツ

あとなんだけどちょいと前復刻してたスニーカーの結構な部分が元々はダサいって当時思われてたクツだよ?

流行れば正解、流行れば市民権得た?

違うね

ミスしたくねーセンス無い大半が自分で好き勝手選ぶにはリスクがありすぎるから大勢の人が認めたタイミングでしか動けないだけだろ?

それか探る能力も熱意も無い奴に商売上手の謳い文句が届いたタイミング

危ないねー

良いと思うよ、本当に良いと思って履くのは

何も言わないし思わない

ただちょっとでも疑問に思うならやめといた方が良い

多分来年はもう履いてない

だってそれただダサいクツだからね

またこうやってメディアと情報操作である程度の人が騙されて服とかクツとか

ファッションを嫌いになっていく

そりゃそうだ騙されたんだから

どこぞが一瞬儲かる為についた嘘でビギナーが働いて稼いだ金を搾取する

『流行って業界で作ってんでしょ?』とか『ブランド料でしょ?』みたいな考えに陥る

トラウマになってる

可哀想に

またっつうかずっとだけどまた被害者が増えてる

悲しいな

ダサいのを今はこれだ!みたいなのは無しにしよう

ダサいのはダサいです

かっこいいかどうかは自分一人で決めて自信もって着たり履いたりすれば良いだけですよ

簡単な事なのにね

皆様は自分で選んだかっこいいクツを履いてください。

貴方の感覚で選んだ物で大丈夫です。

それがお洒落です。

 

 

 

 

 

服作り

服を作る

周りの状況の変化に目もくれず

服を作る

ライトで内輪で烏合なイベントにも顔を出さず

服を作る

有名な会社とポッと出のブランドの大きなショーの話を耳に挟みつつ

服を作る

ミシンの前に座る

アイロンをかけた紙に製図用のシャーペンで頭の中にある形をアウトプットするかの如く線を引く

机の上でハサミを使い布を切る

8000mから5000mの糸をボビンに巻き

小さなネジを回し糸調子をその生地に最適になるように調整する

縫う箇所とその後の使用に耐えれるように運針幅を決める

服を作る

『やってる』『やってない』の他者からの判断基準は現代なら「見せる事」が第一条件

知ってる

SNSなり何なり「見せる」事が動いている事の証明なんだろう

申し訳ないな

服作るのは頭と神経と感覚と両目と両手を同時に使う

その時他の事は出来ない

今まで世の中に存在していなかった物を現実に出現させる行為はそれなりの力を使う

見せる事はなかなか難しい

隣で見ていてくれるならいくらでも見せれるが

服を作るのはそんなに簡単じゃない

色々な所で見かけるあのニューカマーとかが業界人や名の知れた先輩に媚を売って

ライトな服作りで金儲けとフェイムの算段を立てている時

私は一人ミシンに向かいオーダー頂いた人に最善の服を届けれるように

布地を組み立てる

その間何も更新しない私に久しぶりに会った人や先輩はこう言う

『最近どうよ?』『やってる?』『もっと動いた方がいいんじゃないの?』

申し訳ないな、分かりづらいのは重々承知してるが

やってるよ

服を作ってる

服の事を考えてる

分かりにくい私の思想や思い、気持ちは全て服に込めてある

動いてなかったと思われてる時間の全てを物の中に込めた

簡単に作る事も可能だが最善と思えないなら作らない

簡単に作ってすぐ外に出かけて根回しする様な奴の服は私は着ない

言わせて頂くなら

『真剣に服作ってたらそんな色々遊びまわる時間なんてねーんだよ坊ちゃん』

ってとこか

あと服一着も縫った事ないのにデザイナーとかどうだごちゃごちゃ言ってんじゃねーよ

とミシンの上で打ち込み

UPしたらまた服作りに戻る日常

また今日も私は服を作る

 

 

 

 

 

 

 

AIRMAXの謎

最近AIRMAXまた流行ってるみたいですね

懐かしいのがよく復刻されてます

そこで一つの謎が出てきました

それは今AIR MAX97と呼ばれているあのスニーカー

『あれってAIR MAX 98じゃね?』と言う疑問(同年代より上の人は分かるはず)

当時小学生低学年ながらAIRMAX95ブーム真っ盛り

イエローグラデが45万ぐらいで売っていた当時

買えもしないのにBOONの特別編集のAIRMAX特集本等を読み漁っていました

そこから今までずっと見てきているんですが

記憶だと

AIRMAX95はあの有名なあれ(当時最強の人気物)

AIRMAX96は涙型がポツポツあるあれ(当時から全然人気無かったです)

でAIRMAX97はガンダムみたいなのが97となりました(これも当時出た時全然人気無くいつの間にか消された存在になり時系列からも消されてました*最近ソール変えて復活してましたね)

正確にはAIRMAX97のS/Sだった記憶があります

それから今AIRMAX97で浸透しているあの宇宙船みたいなの(当時からかっこよかったですが人気はありませんでした)がAIRMAX98として存在していました

こちらも正確には97年のA/Wに出たモデルなんで絶妙なんですが97の後に出たから98となっていたのかと思います

そこから98年にちょっと前SUPREMEとコラボしてたAIRMAX98が出ます

(ここでAIRMAX97S/Sが消されAIRMAX97A/Wが晴れてAIRMAX97になった気がします)

AIRMAX98も当時全く人気が無く消されていたモデルなので全く日の目を見ずSUPREMEがコラボした時は『攻めてくるな〜』と思いました

AIRMAX99もありましたがもうAIRMAXブームは終わっていてほそぼそとしていた記憶があります

なので昔を知ってると今あの宇宙船みたいなのがAIRMAX97と呼ばれていることに違和感を感じます

だって当時AIRMAX97S/S(ガンダムみたいな方)が出た時みんなが『ダセー!要らねー』ってなって売れ残り普通に安売りされていたのを鮮明に覚えております

でその次に宇宙船みたいなAIRMAX97A/Wが出て『何これ!AIRがすごいな!未来的!』ってなったのも覚えています

なのでAIRMAX97と聞くとガンダムみたいな方が浮かぶので違和感を覚えます

調べず完全に昔の記憶だけで書いてますがそうじゃなかったかなぁ?

不思議なんですよね

本にもAIRMAX98で表記されてた記憶あるなぁ

分かる方居ます?

 

 

 

人のふんどしで、、

相撲取るんじゃねー

また見つけてしまった

と言うより目に入ってきた

snsだ、あの超有名なbox logoを軽くいじったプリントTで小遣い稼ぎ

『早々に完売してましたが再生産いたします、受注開始します!』

『予想以上の注文に驚いておりますが一旦締め切らせていただきます』

は?

何してくれてんの?

それデザインとかじゃ無くてパクリだよ?

何勝手に作って売ってんの?

何簡単に作って金稼ぎにきてんの?

それ◯UPREMEにも喧嘩売ってんのと一緒だよ

素人が小遣い稼ぎの為にプロのデザイン冒涜しちゃだめでしょ?

やっていい事とやっちゃいけない事が分からないかな?

どの業種でもど素人がパッとやってきてチャッと作ったもん売り始めたら良い気しないでしょ?

買う側もどうかしてる

皆でそのファッションを殺しに来てるように感じる(無意識だろうが)

素人が小遣い稼ぎで作ったゴミなんか安くても要らないでしょ?

着たいなら本物着ようよ

手に入らないなら縁が無かっただけ

偽物着るのはダサいよ

例えば素人が作った家が安くても要らないでしょ?

なのに服は素人が作ったもので良いの?

それ服っぽいけど実は布で出来た服にとても良く似た何かだよ?

その何かで気分の抑揚に嘘ついて本心から楽しめるの?

買う側も悪いけど作る側のが確実に悪質だよ

服が好きならそんな事しちゃいけない

◯UPREMEが好きなんだったら余計にダメだよ

ここは日本だよ

日本人でしょ?

パチモンを自分で仕込む様な事はしちゃいけない

気高く洋服と向き合えよ

人のふんどしで相撲取るんじゃねー

餅は餅屋

プロに任せろ

服はそんな簡単に作れる物じゃない

ダサい奴が増える動きを私利私欲に目眩ませてするなよ

服は小遣い稼ぎの道具じゃない

お前のふんどしじゃないんだよ