勘違いON THE CLOTHES

今回は服に乗るグラフィック(絵でもロゴでも写真でも)についての話

何か勘違いしてる様なのでちょいと言わせてもらう

『かっこいい絵と服に乗せてかっこいい絵は違う』

ここがまだ意外と人が分かっていない部分ではなかろうか

最近は誰でも簡単にプリントの注文が出来てT-シャツぐらいならすぐ作れるご時世

するとね、ちょっとグラフィック作れる奴とか絵描ける奴がT−シャツとか作って連れとか周りの奴に売ったりする

いいんですよそれは別に(身銭切って配るとか、材料費分だけの金もらうのも良いでしょう、ただ無駄に高い金額付けて素人が作った物を素人に売るのはいただけないですが)

ただそうゆうイージーメイキングな物に特に多いんですが

乗せるグラフィックの選択が甘い事が多い

上で言う通り

かっこいい絵やグラフィックが出来たからといってそれをそのまま服の上に乗せたらかっこいいかはまた別の話なんです

キャンバスに描かれていたすげーかっこいい絵が服に乗るとダサくなったりする時がある

これは自分で今まで幾度となくデータを切ってきて思った事で

難しい判断基準ではあるんですが確実に存在します

だからグラフィッカーとか絵描きが『傑作できた!T−シャツとかも作ろうかな?』なんて考えでやると大体失敗する(本人はご満悦なんでしょうが)

『服に乗せずそのままの絵だけならかっこええのにな』はよくある話

服に乗せる場合

まず服に乗せる前提で描き起こすかイメージを調整しなければならない

でどんな服のどの部分に使うかも考えてサイズ感や配色を決める

それからどの方法で服に乗せるかも考える

シルクスクリーンプリントなのか、インクジェット、ステンシル、シート転写、はたまた刺繍なのか

大体は前者2択、簡単であり価格も抑えれるから(それがもし総刺繍で仕上げてくれたら僕の目は輝くと思います)

で大体が四角の絵をT−シャツプリントサイズに調整するぐらい

胸か背中に書いた絵の縮小版がそのまま乗っている程度

それってかっこいいですかね?

そりゃ元の絵は良いと思いますよ、何日何時間もかけて描いたオリジナル

世界に一枚のその絵、良いじゃないですか!

ただその絵が乗った服はどうでしょう?どんな意味なんでしょうか?

本人は自分で描いた一枚の傑作がより多くの人に見てもらえるし一枚しかない絵と違い何枚でも複製出来るので良いのでしょうが

複製したその絵はサイズも違うし筆跡や塗料の乗り、よく見れば色味もなんだか違う

つまりプリントされたそれは元本とは違う物になってしまっている訳です。

それを量産して販売する意味、、、、、小遣い稼ぎでしょうか?(真相は不明)

ただ面白いのがその逆もあって

なんてことないのに服にプリントしたらすげーかっこいいなんて事もある

そこのさじ加減を分かっている所が作るならいいんですが

服が本業でないとそのさじ加減は途端に難しくなります

例えば

最近NEWSに出る東京に出現したBANKSYのネズミ(多分あれは偽物)

GRAFFITIなんでどっかの路上にステンシルされてるのは意味合いも含めとてもハマります、

ただあれが流行ったからってそのまま服にプリントされたら結構ダサいわけで

でもMARNIで昔あった子供が描いた絵をプリントしてるチャリティシリーズとかは可愛いかったり

どれがどうハマるかは完成系を見て判断する事なんで見てみてなんぼみたいな所ですが

良い絵が描けたからって服をよく分かってない者が安易に『服に乗せてみよう!』なんて事は見たく無い

グラフィッカーならグラフィックを

絵描きなら絵を

それぞれの立ち位置で向上を目指して行きましょう!

わざわざ畑違いの服に手を出さなくても大丈夫な様に頑張っていきましょう!

私も違う畑に手を出す事はしません、それは尊敬からなる部分があるからです。

餅は餅屋

それぞれの業界に敬意を払い物作り、クリエーションする場合は

最高、最善、最良を目指し全力で挑んで作りましょう!

これ以上勘違いを服に乗せるのはやめましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アパレル界の怖い話 〜第二章〜

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

2019年一発目はアパレル界の怖い話第二章

フィクションだと思って読んでくれたらいい

〜第二章〜

『生地違いの偽物』

これはAが先輩Bから聞いた少し昔のお話

Bは当時ブランドをやっておりデザインから生産までこなしていた

そんなBが縫製工場に出向き職人さんと打ち合わせをしていた時

ふと工場に掛かっていたスーツのセットアップが目についた

それはこの工場で作られた物では無く世界的に超有名なDから始まるブランドのメンズ物のスーツ

ザッと見ても40万〜50万する代物

BはMADE IN ITALYのそれが何故この町工場にあるのか気になって職人さんに聞いた

『あのスーツどうしたんですか?縫製見本とかですか?』

『いや〜あれなんだけどね、ちょっと前からーーーーって言うブランドの服縫う様になったんだけどそこの次の製品でね、そこのデザイナーがね「このスーツの形はこのままで生地を変えた物を作りたい」って言ってきてね、それで置いてあるんだよ』

Bはーーーーってブランドを知っていた

それは服畑出身では無く違う畑で儲けた人間がコネと金で始めたブランドだった

当時そのブランドは世間一般ではスーツが好評なブランドというイメージ

だが裏を返せばどうだ

高級なメゾンのスーツを買ってきてそれをサンプルに形をぶっこ抜き

生地だけ変えてオリジナル面する

『うちのスーツはね〜』なんて謳いやがる

そりゃ形は最高だろう、メゾンのパタンナーが引いたパターンだからな

生地変えたらオリジナルになるのか?

何をデザインしたんだ?

それ生地違いの偽物だろ?

色々な思いがBの頭の中を巡ったが口を閉じた

こんな話はたまーに聞く

しかも聞けばやっぱりってなる様な服好きの人間じゃなくオシャレ好きの人間が始めたブランドばかりだ

ハットに力注いでるらしいあのブランドがBから始まる有名なブランドのハットの形そのままに生地だけ変えて作ってたりとか

表向きの見え方は豪勢に拘り実際本質のモノ作りは信頼ある他者の作品をぶっこ抜いてインスタントコピー

『生地違いの偽物』

まだまだ他にも一杯存在してるんだろう

残念ながら見分ける方法は無い

ただ言える事は服を学んで無い奴がいきなり服は作れないって事

一概には言えないが

そのブランドをどんな経歴の奴がやってるか見ればある程度は分かるはず

生地違いの偽物にはお気をつけくださいませ。

 

ー終わりー

 

これはあなたの近くでもあるかも知れないアパレル界の怖いお話

あなたが知らずに買ったその服は誰かの知識が盗まれて作られた泥棒の作品かも知れません

 

 

 

アパレル界の怖い話 〜第一章〜

フィクションだと思って読んで貰えればいい

アパレル界の怖いお話

〜第一章〜

『ボディ泥棒』

あるところにAという若者が居た

Aは今時珍しく服作りや物作りに熱心な男で

T−シャツのグラフィック一つ作るにも世にあるフォントをそのまま使うような事はせず

全箇所弄ったり、サイズ感やプリント位置、インクの配合までとことん追求して作るような男だった

そんなAが作った物を並べて展示会をする事になった

自分が考え抜いて出来た素晴らしいと思える物をより多くの人に見てもらう機会が必要になった

Aは在り物を使い作るのも好きだった

(ここで言う在り物とは要するにボディとしてもう存在する物、既製品、無地のT-シャツやパーカー等)

なぜなら在り物には在り物の良さがある事を知っていた

そりゃそうだ、ボディをずっと作ってきた会社には一発物には無い安定感や生地の風合い経年変化した時の色気がある

しかもある程度値段が下げれる事によりより多くの人に手に取って貰いやすくなる部分も考えていた

ただそこは物に拘るAの事だ

世に無数とある在り物の中から簡単に選ぶ事は出来なかった

T−シャツなら各社の白、黒、杢グレーを同じサイズ取り寄せ

サイズ感、生地感、洗濯後の変化、耐久性、ロットによる生産国の違いが生む個体差等

実際に着ては洗ってを繰り返し情報を蓄積していった

(因みに何故上記の三色かと言うと色によりサイズ感がまず違うのと混率の違いによる変化の差を知る為、実際には色も会社毎に全て違う)

そんな事を高校生ぐらいから続けていたAには国内に出回るほぼ全てのボディの情報が入っていた

そんなAが作るからにはAはグラフィック同様ボディにも拘った

乗せるプリントのグラフィックや意味合いによってボディを変えた

扱われ方から最終の姿まで全てを想像し型毎に最適なボディを選んだ

それは『高校生が文化祭用に作るT−シャツみたいなもの』と『ブランドとして人様からお金を払って買って頂くもの』との明確な違いを見せないと失礼だと思っていたからだ

そんなこんなでアイテムが出揃い

展示会を開催する事になった

案の定極々一部の服好き以外の人にはAのその拘りは伝わらなかった

Aはそれでも良かった

分からなくても着て洗って長くその服と付き合えば自ずと今は分からない人達にも分かる時が来るだろう、自分で気付いた時が一番楽しい瞬間だと

そんな時ある御一行が展示会にやってきた

新たにお店を始めるらしく取り扱いブランドを探してるバイヤーやディレクター、スタッフとの事だった

Aは自分が最善、最良だと考え抜き表現した物がより多くの人に伝わる機会になるのならとその御一行に説明をした

その御一行はハンガーラックの中から何点かを選び一着づつ写真を撮り出した

一通り見回し『ではまた』とその御一行は帰って行った

そこからAに連絡は無かった

その後御一行のお店はオープンした

お店でオリジナルブランドも始めるらしいと噂が回ってきた

SNS上で回ってきたそのオリジナルブランドの服の画像を見てAは固まった、、、

Aが展示会でその御一行に見せたのと全く同じボディだったのだ

Aは画像だけでもステッチや各所の仕様を見てどこのボディか判別出来る

間違いなく同じ

しかもAが出してた2倍の価格で売られていた

世の中には数多くのボディが存在する

偶然同じボディになる事もあるだろうが虫が良すぎる

『俺の展示会に何しに来た?、、、、ボディ泥棒じゃねーか』

Aはぽつりと呟いた

 

ー終わりー

 

これはあなたの近くでもあるかも知れないアパレル界の怖いお話

あなたが知らずに買ったその服は誰かの知識が盗まれて作られた泥棒の作品かも知れません

 

 

 

 

 

 

 

CLOTEHS ARE NOT RELIGION

服は宗教じゃない

宗教じゃないんだよ

宗教みたいだよ

信者からのお布施

ダサい物に行列

朝から整理券、抽選販売

洗脳に気づかぬまま払わされる身銭

個性は埋もれレアを纏う没個性

宗教じゃないんだよ

仕立て上げられた服への愛が無いカリスマ

メディアで語り布教活動

如何にカッコよく見せて信者を増やし金を巻き上げるか?じゃないだろ

次の世代や服の未来の事を考えるならそのダサいのをよく分かってない奴らに売っちゃダメだ

本来なら作る資格も無い奴が

海外で撮った謎の外人の写真を上げてる暇があるならミシンの前に座れ

よく分かってないインスタグラマー呼ぶ暇があるなら生地と向き合え

服をお前の金稼ぎの道具にするな

カッコつけて有名になってる事がブランドじゃないんだよ

ブランドってのは『信用』

その信用ならない服もどきで集めた信者からお布施を巻き上げるな

服は宗教じゃない

エセ教祖

まずお前は服を信仰しろ

 

 

 

 

もっと明白になれば

連日TVでアジア大会2018やってますね

頑張る人達は美しいし素晴らしい

応援してますよ

こうゆうスポーツを見ていて思うのは

記録やタイムでバチっと結果が出るのが羨ましいということ

世界新記録とか日本記録とか数値で残ってて分かりやすい

叶わぬ話ですが

センス、感覚もこうやって分かりやすく結果が見れたらどれだけ良いか

例えば100M走

一番早くゴールテープ切ればいいんですよ

誰よりも早く走り抜けたら良い

分かりやすい

誰が見ても明白

一番早い奴がチャンピオンです

良いですよね

センス、感覚ではこうはいかない

こうはならない

不思議なんですけどね

例えば飯

それぞれ美味い!不味い!って各個人はっきりしてるじゃないですか

歌手の歌聞いても上手い!下手!って分かるでしょう

好き嫌い趣味趣向の差はあれど各個人自分で決めれる部分じゃないですか

それが服になると大体の皆様が分からなくなる

どれが良くてどれが良く無いんだろう?とハテナが出てくる

服も飯の美味い不味いぐらい各個人自由に自分で決めたら良いんですよ

TVでどんなグルメな奴が勧めた店の飯でも実際食ったら美味い不味い自分で分かるじゃないですか

それが服だとオシャレとされてる奴とか業界人、モデル、ショップ店員とかが勧めた服をすんなり聞き入れる、取り入れる

なんでなんでしょうか?

センス、感覚や服やその物の良し悪しも全部数値、記録としてはっきり分かればどれだけ良いか

騙される人も減るし

服の形した服に良く似たゴミが減る

それで困るのは側で取り繕ってきた偽物だけになる

100M走みたいに皆が純粋に一番狙う様に良い物を作る方向に向かえば素晴らしいんですけどね

何をここで書いても届きそうにないのは分かってます

センス、感覚を数値化するのもほぼ不可能

好き嫌いも各個人の趣味趣向ですから

ただ願うのは皆様が飯の美味い不味いと同じぐらい服にも自信を持って自分の意志を示せればまた状況は変わるのかなと思います

服を選ぶのに他者の感覚なんて何も役に立たないんですよ

自分の身に纏う物は自分で判断するんです

ああ

記録、数値、タイム、勝敗、はっきりしてるものが羨ましい

曖昧だからこそ誰しもが簡単に参入して適当に服が作られるのはもう見たくない

もっと明白になれば

自分の作った物がどれほどダサいかも本人は気付くでしょう

人からお金取って売れない恥ずかしい物と皆が分かるでしょう

何度も何度も言う様に

『服はそんな簡単に作れる物じゃ無い』

服やって来てなかった奴がいきなり出来る事じゃ無い

いきなり大工の格好しても家建てれないのと一緒

いきなり料亭の厨房で客に振る舞う料理なんかできないでしょう

なぜ服だとそれを人は許すのか

その本人もなぜ分からないのか

スポーツや飯の様にもっと明白になれば

祈っております

皆様の感覚が頼りです。

 

 

養殖と天然

養殖と天然

確実に存在する両者

ここで言う養殖とは?

分かりやすく言うとデビュー組の事

中学なのか高校なのか大学なのか

どこかでデビューした様なタイプ

対して天然

こっちはナチュラルボーン

生まれたまま何も変わらず自分のまま生きてきたタイプ

2種類居る

混ざってる

上手く同化した様な面で養殖が天然の中に紛れ込んでやがる

アパレルって業界になるとやっぱり養殖のが多い気がする

だがよ

バレバレなんだよ養殖くん

それも気にしない天然とか

そんなのとも上手くやる天然も一杯いる

逆もしかり

馴染み過ぎて自分が養殖だったと忘れ馴染んで天然面

そうゆうタイプは周りも養殖ばっかり

天然はレア

難しいからね

天然物のまんまいるのは

流されるか弾かれるか自ら離れて行くか

天然は稀だ

強い

己も強い

だから養殖達は天然を恐れる

強すぎてビビる怖がる

勝手な奴だと感じる

ほら例えばこうゆうやつ居たじゃん?

修学旅行で『今日は朝まで起きてようぜ!』とか言って寝ちゃう奴、こいつは養殖

気づいたら最後まで起きてて皆が寝てつまらなくなって寝る様なタイプが天然

クラブとかで『今日は朝まで飲み明かそうぜ!』とか言ってショートショット2杯ぐらいで飲んだ気になってる養殖

気づいたら飲みすぎてセキュリティーに連れ出され外でゲロ吐いて朝日で目覚める天然

養殖と天然は相容れない

育ってきた所が違う

無意識での腹の括り方、覚悟が違う

天然は何も感じてないかも知れないが

養殖は自分が養殖だって知ってるはずだ

意識して変えた自分がどこかに居るはずだから

だから気にする、意識してる、人の顔色を伺う、人の格好を良く見てたりする

そうやって生きてきたんだろう

それが生きる道だったんだろう

無理するなよ

しんどそうだ

どっちが良い悪いって話では無いが

私は天然が好きだ

皆個々で強いし意思がある分扱いづらい人たちばかりだがその分面白い

勉強になる部分も多いしハッとさせられる部分も多い

心から笑えるのも天然と居る時の方が確実に多い

時間合わせて集まる事も困難な天然達が本当に面白いし貴重なんだ

だからその尊い天然達が圧倒的多数である養殖によって苛まれているのは面白くない

何かに縛られた養殖の物差しで天然をはかるな

その匙には天然は乗せられない

生け簀の中と外

養殖と天然は相容れない

 

 

 

 

 

 

2018 A/W 東京展 展示会告知

展示会告知になります。

いきなりですが明日8月8日、9日 12〜21時で二日間東京にて展示会を開催いたします。

場所は東京都目黒区青葉台1−15−2 AK-3ビル1F SPACE Dにて行います。

このブログでも過去色々と書きましたがそんなアパレル原理主義者が本気で作った服を是非見ていただきたい。

現代版の日本人用戦闘服と銘を打った今回メインの服を是非肉眼で見て頂きたいです。

ブランド名は伏せておきます。

服を見に来て下さい。

今回招待制等ではございませんので服が好きと言う方どなたでもご来場可能です。

『フイナムの見て』と言って下さればスムーズです。

東京の出版社やその他メディア、お店様等は呼んでおらず東京の服好き達に声をかけてありますので貴方の知ってるあの人もいるかもしれません

そこで広がる新たな出会いと繋がりも楽しみにしております。

またお酒も飲める様にしておりますので飲みながらでも一着一着試着するなり

ゆっくりと服を堪能くださいませ。

現代の日本人が日本の素材を使い日本の職人の技術で作った本物のMADE IN JAPANの”服”をご覧くださいませ。

お待ちしております。