服を作って売るのを国家資格保持者のみにしてほしい。

そのままです

服を作って人に販売出来るのは国家資格保持者だけにしてほしいと切実に思います。

ただそんな資格は存在しません。

だから服飾製造販売に国家資格が制定されればまだ状況は良くなるんじゃないかと思います。

服は誰がどれだけ作っても良いと思います、

(お母さんが我が子に作る服等は大歓迎です、素晴らしい行いだと思います)

ただその服を第三者に売りお金を頂くのであれば

資格を持った人のみにすれば良いと思います。

食品販売には資格が要ります(そりゃもちろん人の体内に入れるものだから当然)

人が住む家を作るにも資格が要ります(そりゃ人が住むんですから安全面的にも当然)

人の髪切るのにも資格が要ります(そりゃ人に刃物向ける訳ですから当然)

でも服を作り販売するのには資格が要りません

なぜなのか?

服は人の生活、生命活動にとってどうでもいいんでしょうか?

いや、ダメです!なぜなら服こそ人に一番寄り添い一番長い時間を過ごすからです

人には欠かせない生活の基本要素である

『衣食住』

これのトップバッターが『衣』

つまり服なんです、服を着ていなければ食物を買いにも食べにも行けません(すぐ逮捕)当然住む所も借りれない

つまり現代ではまず服を着ている事が必須の行動条件になっています

そのトップバッターである衣(服)をなぜ何の知識も経験も無い者が作り売れるのでしょうか?

たとえば何も知らず資格もない素人が作ったご飯を安心して楽しめ満足してお金を払えるでしょうか?

何も知らず資格もない素人が設計した家にお金払って永住したいでしょうか?(欠陥住宅でも笑えるでしょうか?)

何も知らず資格もない素人に予約して向かい髪を切ってもらいその技術への対価として満足してお金を払えるでしょうか?

嫌だと思います。単純に

食品なら料理人に任せたい

家なら建築家や大工さんに任せたい

髪切るなら理容師、美容師に任せたい

ただなぜ服は何も知らず資格もない素人が作ったもので満足できるのか?

それでいいのか?

自分と世界の間を繋ぐ『服』をそんな愛のない素人が作ったもので自分の体に纏わせて何を満足できるのか?

芸能人プロデュースとか、モデルが立ち上げたとか、アイドルとコラボとか

元スポーツ選手がどうだとか、外人のラッパーが立ち上げたニューブランドとか

何代目がどうだとか、セレブと仲いい奴が作ってるだとか知りません

そんなもん全員素人です。

(本気の人も居ると思いますが本気かどうかは作ったもの見れば分かります)

金の余った商売人や、デザイナーとかブランドディレクターとか名乗りたいだけの奴には服を作らせたくないんですよ

それは

料理なら偽装食品異物混入賞味期限改ざんみたいなもん

家なら基礎もぐちゃぐちゃの耐震偽装欠陥住宅みたいなもん

髪なら全然違う髪型にされカミソリで顔切られたあげく『めっちゃ似合いますよ』とゴリ押しされ代金を請求されるみたいなもん

嫌じゃないんだろうか?

服だけそれが許されている事にずっと疑問を持っておりました

服飾製造販売を国家資格にして欲しいです。(切実ですよ)

要現場経験3年でも、要服飾専門学校卒でも、難しくても何でもいい(難しい方がいい)

本当に服が好きな人たちなら余裕で資格取って変わらず作ると思いますから

服がそこまで好きじゃない、利用したいだけの奴に布地を触らせない様にしたい

服の材料は資源です

しかも一番再利用しずらいらしい

プロも素人も使う材料は多少違えども資源レベルで見たら同じです

地球に限りある資源を使ってこれ以上市場にゴミを増やさないで欲しい

『服』と『布地で出来た服にとてもよく似た何か』はまるで別物です

そんな素人が作ったものと熱意と努力と共にやってきたプロの服が同じ値段で服屋に並びます

人は服を買うんです

着るから

絶対何かどこかの服を買い着ています

そんな中お店に行って同じ値段でプロの素晴らしい洋服と服によく似た何かが同じラックに並ぶ訳です

そうなるとお客さんには分からない、お店を信用してる部分もあるんでしょう

同じ値段だから同じぐらいの作り、拘り、品質、美学が宿ってるもんだろうと信じ

身銭を払いその一着を買い着る訳です

でもそれが

ど素人が作ったゴミだったらどうでしょうか?

最悪ですよ

本来なら『ブランド』であるならば服に責任を持つべきです

手を離したらそれはそこの看板です

ゴミみたいなんを作る側が悪いんです、確実に

でも商売の上手いのに騙されて買ってしまう側にも多少の問題はあります

『分からないから』

あの日本のアパレルブームからアパレル業界は儲かると様々な商売人や業界が参入し

訳も分からんままコレクションや売れている様々なブランド、商品をパクリ

それっぽいのをそれなりにぽい値段で出すなんて言う服への暴挙、冒涜を繰り返し

くそ適当なもんを市場に出し続ける事により一般のお客さんも物の善し悪しを判断出来なくなり、またプロモーションや見せ方が上手いだけのゴミを買わされる

これじゃ服嫌いになりますよ

高い金払ったのにすぐ壊れたり、着づらかったり

『ユニク◯でええわ!』ってなりますよ

高い金払ってゴミ買わされたら誰でも嫌でしょう?

アパレルブランドと名打ってやるならいくらお客さんが分からなくても常に最高で最良の服を提供しなければいけないんですよ

人を騙して金を巻き上げるのは詐欺です

私の大好きな服を利用し人を詐欺に引っかけるのは即刻やめて頂きたいってのが本音

『おしゃれ』や『センス』が陸上のタイムぐらい明確に人々に提示出来るならどれほどいいか

味なんかはいいですね

皆『うまい!』『まずい!』はっきりしてるじゃないですか

うまい店は僻地でも人が並ぶしずっと続いてる

まずい店はどれだけ立地よかろうが一瞬で潰れる

アパレルブランドもそれでいい

人を騙す様なブランドは速攻潰れたらいい

でも皆がうまいまずいを明確に判断できないから今の状況になっている

だから服飾製造販売を国家資格にして出す側を精査した方がいいと思いました。

服は好きでもない奴らが一時のノリで作れるものではありません

ちゃんと資格を持った人たちの服だけで市場を再構築することを望んでいます。

本当に服が好きな人達だけが服を作り皆様に最高、最良の服を提供出来る環境になる事を心より望んでおります。