ダサくなった事すらおざなりに

じじいみたいな発言やけど

昔は良かったな〜

服が

街のお洒落さんが

渋かったな

皆行ききってた

比べるもんがなかったから

どこまで行ききるかも決まってないし

各自が思う到達点まで

個々の自由に服着てた

今じゃSNSで毎日お洒落披露大会開催中(笑)

いいねで得る承認欲求

指一本で入ってくる情報量を処理するのに一杯一杯

好きなスタイルサンプルは見放題

人に見せれるほどわきまえてもないガキが必死に買ったレアもん褒めてもらいたくて

あっぷあっぷ(UPUP)

昔の(言うても15~20年ぐらい前)お洒落さんは今思うとすごかった

格好で好きな音楽のジャンルが分かった

パンクもロッカーもゴスロリもスキンズもB-BOYもチカーノもテクノもポップもサイケもラスタマンも全員ゴリゴリに仕上がってた

20そこそこの先輩がペレペレのスタジャン着て頭はコーンローに胸にはブリンブリン

かたやクロムハーツつけまくりとかガボールのチェーンぶら下げてるとか

全身ギャルソンの新作やらメゾンの服一式とか

今考えたらそんな若い奴らのどこにそんなお金があったんだろうと思うぐらい皆己を着飾ってた

当時を知る人と話すと大体その時のお洒落さん達は借金しながら毎月服とかを買ってたらしい

10万20万とかのレベルではなくカード何枚も作って300万400万の借金してる人もいたらしい

そこまで行くのはやばいけども

そこまで行ってしまう情熱は素晴らしい

それもひとえにゴールが無かったから

皆己でその好きなものを追っかけてた

ここまででいいやなんか無かった

とことん追求

ネットすらほぼ無い時代

好きな人たちの好きな事への詳しさも半端なかった

今の自称詳しい奴とは質が違ってた

今の詳しい奴の話はwikiまとめサイト2ちゃんとかの情報ばっか

調べれば出てくる実体験の無い話

実体験でその時代を経験し調べる方法も確立してなかった時に掘っていた人たちの知識とは質が違う

現代は低価格であろうが普通にそれなりに見える様に作られているからこそ

弱くなった感受性と探究心、感覚

ダサくなった事すらおざなりにして

一時的に取り繕う様な表層だけのファッション

そこは早々に飛び越えて

実際はもっと深くもっと面白い

自分だけの最高、最善、最良の服を見つけ出す旅に出ましょう。