最高の服2

新年明けましておめでとうございます。

本年も誰だか分からない私の拙い文章を何卒宜しくお願いいたします。

さてさて

前回最高の服について書きましたが

書き忘れた事がありましたので追記で

最高の服とは

前回申し上げた『その人が一番多く着ている服』はもちろんそうなんですが

もう一個かなり大事な要素がありました、それは

『テンションが上がるかどうか』です

服には面白い特性がございまして

布を『服』にして着ると人々のテンションを上げ下げ出来るんです

これが一種の魔法みたいなもんで

それが同じ服でもテンションブチ上がる人からガタ落ちの人まで様々なんです

なので最高の服を探す手がかりの多くは自分の判断に委ねられています

『着てテンションが上がるかどうか?』単純ですが最重要事項です

そこには様々な要素が必要になります

単純にかっこいいし好きなデザインとかもう今では手に入らない名作だとか

誰もが買えなかったスーパーレアもんとかあの憧れのブランドのやっと手に入れた思い出の一品とか、激安でゲットしたのにすげー着やすいとか、10年ぐらい着ててボロボロやけどやっぱり着ちゃう愛着品とか、

色々あると思います

全ての要素を踏まえまたそこを飛び越え『着てテンションが上がるかどうか?』

上がるなら最高の服です

下がるなら最低

無理やり上がってるのは持ってかれたか乗せられただけ

商売上手の大人のビジネスの片棒を担がされただけ(テンション上がってるなら正解)

あくまで自分単体でその服と対峙し着てテンションがどうなるか?

それはもう情報とか記憶を超えた自分の本心、直感に繋がる所があります

服自体は正直何でも良いと思います

ただ本当にテンションが上がるかどうか?

心から、本心からテンションがどの様に変化をするかが見ものです

極端な話ですが

テンションが上がる服ならば『お!今日はお気に入りの服着てるから何だか気分が良いな、あの新しいお店行ってみようかな?』と動きが生じます

でもテンション下がる服なら『うわ!なんか俺今日イケてへんわ、今日は大人しく帰るか』と動きも無くなります

社会の動きすら変える力がテンションを上げる服には存在します

情報操作された服にテンションを持ってかれるのでは無く

自分のテンションが上がる服を見つけ大事に着てあげてください

もし『今までで一番多く着た服』が『テンション上がる服』なら

それは貴方にとって最高の服なのかもしれません

さて

今貴方が着ている服はテンションが上がる服でしょうか?