服を縫うこと

私、現在服に携わり服だけで何とか生きています

服を縫ったり、お直ししたり、リメイクしたり、裾上げ頼まれたりするんです

すると『面倒な事頼んでごめんやで』とか『俺はこうゆう作業無理やわ、すごいなぁ』とか言われたり感じたりします

そう思うのも仕方がない、パッと見は細々した作業してますからそうも見えるでしょう

でもですね、意外とそこに苦は無く

私から言うと服縫うのはプラモデル作ってるみたいな感じです

ちっさい時プラモデルやりませんでした?

あの感覚です

プラモデルって完成後ももちろん楽しいですが作ってる最中が一番夢中になりません?

僕はもろにそのタイプで完成までは熱中するのに完成したら飾ってほこり被るだけ

服はそのプラモデルの最高難易度バージョンみたいに考えています(プロモデラーの方はすごいと思っています)

カチッとしたプラスチックで切り取り線が決められているのではなく

ふにゃふにゃの布の上に設計図(パターン)を置きその形に裁断する

それを縫い合わせ立体にし服として完成させる

プラモデルならそれを飾ったり遊んだり鑑賞して終わりですが

それが服だと完成から人が着て人生を進めていくというストーリーが待っています

そこが面白かった

作って終わりじゃなく作って始まり

それが人に使われボロボロになって帰ってきて修理するとかもとてもおもしろい

旅してきた連れに再会する感じ

服作りは最高難易度のプラモデル

服好きな貴方ならきっと楽しく作れると思います

家にオカンのミシンとかあったら何か縫ってみましょう

面白いですよ。