アパレル界の怖い話 〜第二章〜

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

2019年一発目はアパレル界の怖い話第二章

フィクションだと思って読んでくれたらいい

〜第二章〜

『生地違いの偽物』

これはAが先輩Bから聞いた少し昔のお話

Bは当時ブランドをやっておりデザインから生産までこなしていた

そんなBが縫製工場に出向き職人さんと打ち合わせをしていた時

ふと工場に掛かっていたスーツのセットアップが目についた

それはこの工場で作られた物では無く世界的に超有名なDから始まるブランドのメンズ物のスーツ

ザッと見ても40万〜50万する代物

BはMADE IN ITALYのそれが何故この町工場にあるのか気になって職人さんに聞いた

『あのスーツどうしたんですか?縫製見本とかですか?』

『いや〜あれなんだけどね、ちょっと前からーーーーって言うブランドの服縫う様になったんだけどそこの次の製品でね、そこのデザイナーがね「このスーツの形はこのままで生地を変えた物を作りたい」って言ってきてね、それで置いてあるんだよ』

Bはーーーーってブランドを知っていた

それは服畑出身では無く違う畑で儲けた人間がコネと金で始めたブランドだった

当時そのブランドは世間一般ではスーツが好評なブランドというイメージ

だが裏を返せばどうだ

高級なメゾンのスーツを買ってきてそれをサンプルに形をぶっこ抜き

生地だけ変えてオリジナル面する

『うちのスーツはね〜』なんて謳いやがる

そりゃ形は最高だろう、メゾンのパタンナーが引いたパターンだからな

生地変えたらオリジナルになるのか?

何をデザインしたんだ?

それ生地違いの偽物だろ?

色々な思いがBの頭の中を巡ったが口を閉じた

こんな話はたまーに聞く

しかも聞けばやっぱりってなる様な服好きの人間じゃなくオシャレ好きの人間が始めたブランドばかりだ

ハットに力注いでるらしいあのブランドがBから始まる有名なブランドのハットの形そのままに生地だけ変えて作ってたりとか

表向きの見え方は豪勢に拘り実際本質のモノ作りは信頼ある他者の作品をぶっこ抜いてインスタントコピー

『生地違いの偽物』

まだまだ他にも一杯存在してるんだろう

残念ながら見分ける方法は無い

ただ言える事は服を学んで無い奴がいきなり服は作れないって事

一概には言えないが

そのブランドをどんな経歴の奴がやってるか見ればある程度は分かるはず

生地違いの偽物にはお気をつけくださいませ。

 

ー終わりー

 

これはあなたの近くでもあるかも知れないアパレル界の怖いお話

あなたが知らずに買ったその服は誰かの知識が盗まれて作られた泥棒の作品かも知れません