勘違いON THE CLOTHES

今回は服に乗るグラフィック(絵でもロゴでも写真でも)についての話

何か勘違いしてる様なのでちょいと言わせてもらう

『かっこいい絵と服に乗せてかっこいい絵は違う』

ここがまだ意外と人が分かっていない部分ではなかろうか

最近は誰でも簡単にプリントの注文が出来てT-シャツぐらいならすぐ作れるご時世

するとね、ちょっとグラフィック作れる奴とか絵描ける奴がT−シャツとか作って連れとか周りの奴に売ったりする

いいんですよそれは別に(身銭切って配るとか、材料費分だけの金もらうのも良いでしょう、ただ無駄に高い金額付けて素人が作った物を素人に売るのはいただけないですが)

ただそうゆうイージーメイキングな物に特に多いんですが

乗せるグラフィックの選択が甘い事が多い

上で言う通り

かっこいい絵やグラフィックが出来たからといってそれをそのまま服の上に乗せたらかっこいいかはまた別の話なんです

キャンバスに描かれていたすげーかっこいい絵が服に乗るとダサくなったりする時がある

これは自分で今まで幾度となくデータを切ってきて思った事で

難しい判断基準ではあるんですが確実に存在します

だからグラフィッカーとか絵描きが『傑作できた!T−シャツとかも作ろうかな?』なんて考えでやると大体失敗する(本人はご満悦なんでしょうが)

『服に乗せずそのままの絵だけならかっこええのにな』はよくある話

服に乗せる場合

まず服に乗せる前提で描き起こすかイメージを調整しなければならない

でどんな服のどの部分に使うかも考えてサイズ感や配色を決める

それからどの方法で服に乗せるかも考える

シルクスクリーンプリントなのか、インクジェット、ステンシル、シート転写、はたまた刺繍なのか

大体は前者2択、簡単であり価格も抑えれるから(それがもし総刺繍で仕上げてくれたら僕の目は輝くと思います)

で大体が四角の絵をT−シャツプリントサイズに調整するぐらい

胸か背中に書いた絵の縮小版がそのまま乗っている程度

それってかっこいいですかね?

そりゃ元の絵は良いと思いますよ、何日何時間もかけて描いたオリジナル

世界に一枚のその絵、良いじゃないですか!

ただその絵が乗った服はどうでしょう?どんな意味なんでしょうか?

本人は自分で描いた一枚の傑作がより多くの人に見てもらえるし一枚しかない絵と違い何枚でも複製出来るので良いのでしょうが

複製したその絵はサイズも違うし筆跡や塗料の乗り、よく見れば色味もなんだか違う

つまりプリントされたそれは元本とは違う物になってしまっている訳です。

それを量産して販売する意味、、、、、小遣い稼ぎでしょうか?(真相は不明)

ただ面白いのがその逆もあって

なんてことないのに服にプリントしたらすげーかっこいいなんて事もある

そこのさじ加減を分かっている所が作るならいいんですが

服が本業でないとそのさじ加減は途端に難しくなります

例えば

最近NEWSに出る東京に出現したBANKSYのネズミ(多分あれは偽物)

GRAFFITIなんでどっかの路上にステンシルされてるのは意味合いも含めとてもハマります、

ただあれが流行ったからってそのまま服にプリントされたら結構ダサいわけで

でもMARNIで昔あった子供が描いた絵をプリントしてるチャリティシリーズとかは可愛いかったり

どれがどうハマるかは完成系を見て判断する事なんで見てみてなんぼみたいな所ですが

良い絵が描けたからって服をよく分かってない者が安易に『服に乗せてみよう!』なんて事は見たく無い

グラフィッカーならグラフィックを

絵描きなら絵を

それぞれの立ち位置で向上を目指して行きましょう!

わざわざ畑違いの服に手を出さなくても大丈夫な様に頑張っていきましょう!

私も違う畑に手を出す事はしません、それは尊敬からなる部分があるからです。

餅は餅屋

それぞれの業界に敬意を払い物作り、クリエーションする場合は

最高、最善、最良を目指し全力で挑んで作りましょう!

これ以上勘違いを服に乗せるのはやめましょう。